ライフプランを考える上で基本となる内容を網羅した12の「定番講座」、個別にリクエストにお応えする「オプショナル講座」など、様々な講座をご用意しています。

定番講座アンカー

◆定番講座

1.我が家の保障〜我が家に必要な生命保険と医療保険

必要な保障は、家族構成や年代によって変化します。必要な「生命保険(死亡保険)と医療保険」の考え方を知り、現在の保障が適切かどうか?チェックしておけば安心です。

2.意外に知らない損害保険~住まいの保険と車の保険

住まいの被害や車の事故では、貯蓄ではまかなえない損害が発生します。特に住まいの保険は、自然災害への備えがポイントです。リスクに対応できるかどうか補償を確認しましょう。CO・OP火災共済、自転車事故に備えて都道府県で義務化がすすむ「個人賠償責任保険」についても紹介します。

3.サステイナブルな家計(別冊 家計管理シート付)

社会保障や税制改正により手取り収入は目減りしています。しかし日常の積み重ねで家計は変わります。家計全体を把握し、将来に向けて持続可能な家計〜「サステイナブルな家計」を目指しましょう。家計管理シートが役立ちます。家計簿はつけていない、家計簿はただつけているだけ、そんな方でも大丈夫です。目をそらさないでしっかり家計と向き合ってみましょう。

4.子育て世代の家計管理(別冊 家計管理シート付)

教育費の準備が必要な若い世代に対象を絞った家計管理講座です。家計の見直しを基本に、教育資金・住宅資金などの考え方や準備方法などをあわせて紹介します。

5.子育て世代の教育費(教育イベント表付)

幼児教育の無償化、給付型の奨学金が創設されても教育費の負担が重いことに変わりはありません。教育費はいつどのくらいかかるのか?進路や教育方針によっても費用は大きく異なります。お子さんが小学生くらいまでの「子育て中の方」にお勧めの講座です。できるだけ早く準備を始めるのが大切だと納得できます。

6.公的年金と自分年金

公的年金のしくみを理解して、自分や家族の年金をしっかり確認しましょう。公的年金は老後生活の土台ですが、これからは年金だけで生活するのは厳しい時代です。iDeCo (個人型確定拠出年金)、NISA(少額投資非課税制度)を利用して自分年金を作ることも検討しましょう。

7.40代から考えるセカンドライフ~退職後の生活設計(別冊 家計管理シート付)

60歳定年でも再雇用などで65歳まで働く時代です。公的年金は65歳から受給するのが原則ですが、何歳からもらうかは選択できます。定年退職、再雇用、完全リタイアと家計は段階的に変化します。将来への備えなどを早めに確認し、セカンドライフに備えましょう。

8.プラチナ世代のライフプラン~人生100年時代に備える

年金で生活している世代(プラチナ世代)のための講座です。プラチナ世代の家計は、収入が年金のみとなる人が大半です。長寿の時代の家計は、年金+貯蓄の取り崩し生活です。これから先のお金の不安を小さくするために、やっておくべきことを確認しましょう。

9.意外に知らない税金の話~所得税と住民税

主に給与所得者の源泉徴収票から所得税のしくみをお話します。所得控除って何? 主婦の働き方と税金の関係は? そんな疑問が解決します。ふるさと納税のしくみも紹介します。

10.元気な時に考えておきたいエンディング(別冊 エンディングノート付)

いつか必ず訪れる人生の最期をどのように迎えたいのか、人生の締めくくりを「エンディングノート」を使って考えてみましょう。 ノートを書くことで今の生活が充実します。関連する制度(遺言・相続など)のポイントもお話します。親御さんが健在な方にも是非聞いていただきたい内容です。

11.元気な時に考えておきたいお葬式~いざという時にあわてないために!

人生最後のイベントともいえる「お葬式」について考える講座です。最近の葬儀事情と、お葬式の費用、お墓についても紹介します。予め契約するときのポイントや、かかる費用の内訳などを知っておくと、いざという時に役立ちます。元気な時に笑って聞いておくことがポイントです。

12.もっと知りたい私たちの共済~もうひとつの消費材
(※生活クラブの組合員の方対象)

共済は生協の組合員みんなで育てていく「もうひとつの消費材」です。《生活クラブ共済ハグくみ》CO・OP《たすけあい》《あいぷらす》の3つの制度の概要と特長もお話します。共済に加入している方も保障内容を再確認することができます。新しい委員や役員向けの研修企画としてもおススメです。

オプショナル講座アンカー

◆オプショナル講座

定番講座以外の内容をご希望の場合は、「オプショナル講座」で個別のリクエストにお応えします。詳細は打合せで確認しながら決めていきます。

【オプショナル講座】内容例

講座名内容の例
★制度を活かそう暮らしのお金 知って実行すれば家計は大きく変化します
自分で作るiDeCo(個人型確定拠出年金) 人生100年時代、公的年金だけでなく自分で作る年金は必須です。確定拠出年金は、自分で入る「個人型」と会社の制度「企業型」があります。制度を知らないままでいるのは大損です。NISAについても紹介します。
主婦が働く時の社会保険と税金 配偶者控除が変わりました。夫の年収と主婦の働き方によって違う社会保険と税金。私が働く時の壁は、103万円?106万円?130万円?150万円?…疑問が解消します。主婦が働く時には基本的な税金と社会保険の知識は必須です。(主婦:第3号被保険者)
★自分年金を作るときにも必須の知識
投資信託のしくみ 投資信託の基本的なしくみが理解できます。iDeCoを考える時にも必須の知識です。(個別商品の紹介やおススメは致しません)
★ワークショップ形式で考える
防災ワークショップ 我が家の防災・減災を女性&主婦目線で考えるワークショップです。
おこづかいを通して考える子どもの金銭教育 こどものおこづかいや携帯、みんなどうしてる?などグループワークで意見交換しながら、我が家はどうするか考えましょう。
★セカンドライフ世代に関心の高いテーマ
ゆるやかな老い支度~老後資金、2000万円必要なの? 老後資金はいくら必要?が気になりますが、老い支度はお金のことだけではありません。どこで誰とどんな暮らしをするのか?それによって必要額も違います。公的介護保険や高齢者施設についても紹介します。
相続が変わった! エンディングの中でも相続に絞った講座です。2019年以降相続関連の法改正が段階的に施行されています。争いごとを避けるための手段として遺言や贈与についても理解が深まります。
★生活クラブの活動に密着した内容 新委員や、新規加入の組合員の集いにもおススメの内容です
ワークシートで共同購入をチェック! 〜自分のクセを知って上手に利用 [個人引落通知書]を使って我が家の購入内容を分析します。共同購入を上手に利用すると、家計管理に役立つヒントが見つかります。新規加入の組合員向けにもおススメです。 ※個人引落通知書・電卓持参(班または個人の組合員対象)
★その他(これまでの開催例)
・家計管理~みんなでキャッシュフロー表を作ろう!
・葬儀後の手続きとお墓の話
・新社会人のためのライフプラン講座(子どもが社会人になる親向けも有り)
・住宅を購入する前に知っておきたいこと
・安心できるお金とのつきあい方

ゲームアンカー

◆ゲーム

【小学生向けマネーゲーム】

このゲームは、「おこづかいはどこからくるの?お金を稼ぐってどういうこと?」を体験しながら楽しく学びます。参加対象は小学生(1年生~6年生)です。1年を通じて開催可能です。

内容参加者をグループ分けし、会社を作りお金を稼ぐゲーム。資本金を基に「道具・材料」を購入⇒材料で製品制作⇒製品を売り利益を得る⇒決算する。会社の仕事をゲームで体験します。
詳細 参加対象:小学生
参加人数:8人~24人(4~6人のグループが2グループ以上 最大4グループ)
所要時間:90分~120分
★ゲームのお手伝いをお願いします(参加人数により3人以上)
※FPの会の講師は、全体進行を担当します。
備 考 ①小学生が楽しめる内容!
ゲームの中で子どもたちがチャレンジするのはペーパークラフト作成です。参加する子どもの年齢に合わせてペーパークラフトの難易度を調整できます。
②手軽に始められる!
道具の一部を除いて、ゲームに必要な資材はFPの会で準備して当日講師が持参します。 (主催者には、はさみ、電卓、新聞紙、ゴミ袋等を準備していただきます)
③参加者の学年に合わせて、内容を調整することができます。

【おとなのライフプランゲーム~人生のお金を考える】(子育て世代向け)

内容 3~6人でチームを作って、ライフプランをつくるゲーム。結婚、働きかた、マイホームなどを選択します。出産や教育、その他サプライズカードを引きながら、30~60代までのライフプランをシミュレーションします。
詳細 参加対象:一般
参加人数:6人~18人(3~6人のグループが2グループ以上。最大3グループ)
所要時間:90~120分
持ち物 :電卓、筆記用具(各自)

講座話し方アンカー

◆活動に役立つ話し方講座

組合員活動では、「話をして伝える」場面がたくさんあります。委員や理事として組合員に情報を伝える時、限られた時間の中で伝えたいことをしっかり届けるための基本を学びます。コミュニケーションの基本は、家族との会話など日常生活でも役立ちます。「会議の技術編」もあります。

対 象 生活クラブの組合員
(※主に理事や委員など)
概 要
活動に役立つ話し方講座
  • 時間を意識して自己紹介をする
  • わかりやすい話し方「PREP法」を身につける
  • 人をひきつける話し方とは
活動に役立つ話し方講座~「会議の技術編」
  • 会議の意義、時間感覚と目的意識
  • 司会進行と参加者の役割
  • 短い時間でポイントを説明する話し方